三点リーダー症候群とはどんな症状?オタクに多いというのは本当なのか?

日常生活
スポンサーリンク

2021年1月31日に放送された「ワイドナショー」で三点リーダー症候群について取り上げられていました。

この三点リーダー症候群とは、どういったものなのでしょうか?

オタクに多いと言われていますが、どうなのでしょうか?

今回は、三点リーダー症候群がどういったものなのか?とオタクに多いのか?について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

中居正広も三点リーダー症候群

「ワイドナショー」にて、松本人志が中居正広の三点リーダー症候群についてエピソードを紹介していました。

松本人志と中居正広のやり取りは、このような感じです。

中居正広:「何してますか、ちょっと行きますか」
松本人志:「まあ、いいけど」
中居正広:「でも、僕もちょっと時間があれなんでね…」
松本人志:「お前が言ってきて『…』って」
中居正広:「松本さんに任せますよ」
松本人志:「じゃあ、行くか!」
中居正広:「やっぱりやめておきます」
松本人志:「どないやねん!」

引用:松本人志、仲良しだからこその“中居正広あるある” 東野幸治が指摘「もてあそんでいる」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

このエピソードを聞いた東野幸治は中居正広が松本人志をもてあそんでいると指摘ししていました。

もともと、「女性セブン」で取り上げられていたことがキッカケで話題になったわけですが、三点リーダー症候群とはどういったものなのでしょうか?

三点リーダー症候群とは?

三点リーダー症候群とは、このように説明されていました。

「ですが…」「だよね…」など、文章の末尾に“てんてんてん”をつけるクセのある人はいないだろうか。この「…」は、「三点リーダー」といって、「、」や「。」などの句読点と違い、厳格な使用ルールはない。

引用:語尾が「…」ばかり「三点リーダー症候群」 相手のせいにするズルさも|NEWSポストセブン (news-postseven.com)

見かける回数は多いと思われます。

実際に使用している方も多いでしょう。

自由度が高いこともあり、受け手によっては何が言いたいのかわからないということも多いようです。

こんなことがあったようです。

リモートワークでの出来事です↓

「毎回、言いたいことがイマイチわからない。そのため、『では、こういたしましょうか?』と、相手の真意を探るような返信をいちいち送らなければならない。『はっきりしろ!』と言いたいですが、上司なのでがまんしています」

引用:語尾が「…」ばかり「三点リーダー症候群」 相手のせいにするズルさも|NEWSポストセブン (news-postseven.com)

リモートワークが増えてきたことで出てきた問題ですね。

こういったことは現在多くのところで起きていることと思われます。

三点リーダーは言葉に詰まっているニュアンスを表したり、言いにくいことを濁すときに役立つ記号なので使い方を気を付けなければならないですね。

オタクに三点リーダー症候群が多いのか?

オタクに三点リーダー症候群が多いようです。

Twitterで、「三点リーダー症候群、オタク」で検索してみるとオタクの人に三点リーダー症候群が多いことがわかります。

オタクでない人でも使っていることが多いので、オタクに三点リーダー症候群が多いというのは言い過ぎかもしれませんね。

三点リーダー症候群は嫌い?世間の反応は?

三点リーダー症候群は嫌われていません。

むしろ、普通な気がします。

三点リーダー症候群について世間の反応はどうなのでしょうか?見てみましょう。

三点リーダー症候群の世間の反応を見ていると、多くの方が使われているので普通と認識されている人が多いようです。

嫌いという意見は少なかったように思えますね。

実際には、普段から使っているので自分も三点リーダー症候群?と思った人も多いはずです。

それぐらい、世の中に浸透してきていることなので否定的な意見は少なかったように思えますね。

逆に、三点リーダー症候群という呼び方に対して不満に思って色声がありました。

病気のような呼び方が気に入らないという方が多かったですね。

症候群と言われれば、そういったイメージを持ちやすいので、こういう意見が出てきても不思議ではありません。

三点リーダー症候群は文末に『…』使う人で、オタクに多い

三点リーダー症候群とは?オタクに多い?について書いてみました。

三点リーダー症候群は普段使う人も多く、自分かもしれないと思った人は多いでしょう。

よく濁すときに、『…』を使うので!

表現の1つであるので、病気のような呼び方をされるのは良くないですね。

今後、何症候群というものが出てくるのか?注目していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました