【レコ大2020】吉岡里帆の司会が微妙との声!司会よりも踊る方で称賛の声!

芸能
スポンサーリンク

吉岡里帆が司会を務めた「レコ大2020」。

大役に抜擢された際には、「なぜ?」という声も上がていたほどでしたが、終わってみれば素晴らしかったですね。

ネットの反応も良く、来年の司会という声もありますね。

しかし、司会が微妙との声との声もありましたね。

そして、司会よりも踊る方で目立ってしまい、司会よりも称賛されてしまった感じがあります。

今回は、司会が微妙との声と司会より称賛された踊る吉岡里帆について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

吉岡里帆が「レコ大2020」の司会に抜擢された理由は?

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/5e3b97ddbb1af09fcadba320d0fadeeac2caa8f6

「なぜ?」が多かった吉岡里帆の「レコ大2020」での司会。

抜擢の理由はいろいろと報道されていましたね。

CM出演本数であったり、本物志向といった話が飛び交っていました。

ある記事で、このようなことが書かれていました。

話し口調もラジオで聞くと癒しそのものでなかなかいいのです。綺麗どころのタレントにありがちな、稚拙な感じもありません。話すスピードや声のトーンもすごく番組にマッチしていますし、アーティストや曲への接し方も真摯な感じがして好感が持てます。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/48591bfdb20e2fb2910d13cfbacd424523e80a49?page=2

ここが、「レコ大」に抜擢された大きな理由ではないかと思っています。

お茶の間でも有名であり、万人受けするのではないというTV局の狙いかもしれません。

そんな、吉岡里帆の司会について賛否が出ていますね。

どんな感じなのでしょうか?見ていきましょう。

吉岡里帆の司会が微妙との声!一方で、絶賛する方も!

吉岡里帆の司会が微妙という声がありました。

見ている限り、微妙とは思えなかったのですが、どうなのでしょうか?

吉岡里帆の司会が微妙という方の声を見てみましょう。

吉岡里帆の司会が微妙という方の声ですが、慣れないことをやっているので微妙に思えてしまうのは仕方がないでしょう。

場数を踏んだ時に、微妙であれば問題ですが・・・。

日本語を勉強したほうがよくないか?ということに関しても同じことが言えるでしょう。

大舞台で緊張していたこともあると思いますし、その中でよくやっているなと思まいました。

一方、称賛する声も見ていきましょう!

比較的、称賛する声が多かったような気がします。

多くの方は、吉岡里帆に完璧な司会を求めてはいないですし、素人らしさが良かったのではないでしょうか?

そこまで司会に注目する方は多くないと思いますし、あれはあれでよかったのかなと思っています。



司会よりも踊る方で称賛!

吉岡里帆は司会よりも踊る方で称賛されましたね!

とばっちりも受けてしまいましたが・・・。

炎上した踊る吉岡里帆です↓

NiziUの「Make you happy」で縄跳びダンス”をしたシーン。

ミイヒファンの方に激怒されてしまいました。怒るのも無理はないですね。

肝心なシーンで、司会者にカメラが回るわけですからね・・・。

しかし、この踊る吉岡里帆は好評で、純粋にレコ大を楽しんでいる姿が視聴者の心を打ったようです。

ネットには、

安住紳一郎アナに突っ込まれることがあったようですが、無邪気な吉岡里帆は見ごたえありましたね。

司会者らしくない一面を狙ったのでしょうか?それが狙いであれば、TV局の人選は成功であったと思えます。

新しい司会者像を作った?吉岡里帆には、今後も期待しましょう。

次は、どの番組で司会をやるのか?注目ですね。

まとめ

今回は、吉岡里帆の司会が微妙という声について書いてみました。

司会以上に、お踊る方で注目を集めましたが・・・。

吉岡里帆の司会については、感じ方の問題ですし、今後もやるようであればよくなっていくでしょう。

踊る方は、珍しさと放送事故?で注目を集めましたが、これは「らしさ」が出ていてよかったと思います。

もしかしたら、今後、歌番組の司会に引っ張りだこかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました