張本智和「チョレイ」連発で審判から注意!なぜ、叫んでしまったのか?

スポーツ
スポンサーリンク

東京オリンピック代表の張本智和が全日本卓球選手権大会で準々決勝敗退してしまいました。

前日に「チョレイ」を注意されたことが尾を引いたのでしょうか?

「チョレイ」を注意されたことで調子を崩して敗退したことで注目を集めてしまいました。

飛沫対策で注意されたことはわかっていると思えますが、なぜ、叫んでしまったのでしょうか?

今回は、なぜ、張本智和が「チョレイ」と叫んでしまったのかについて書いてみました。

スポンサーリンク

6回戦で「チョレイ」を注意された張本智和

引用:張本8強も苦闘…必要不可欠の声出しで主審から注意 – 卓球 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

6回戦勝利が決定した瞬間に「チョレイ」と叫び、喜びをあらわにした張本智和。

しかし、飛沫対策の中で行われている中で叫んだことで張本智和は注意を受けました。

審判に頭を下げ、謝罪をするシーンもあったようです。

張本智和はもともと、声を出して自分を鼓舞するタイプの選手であるのでなくなると厳しくなることは理解できます。

こんなコメントもしていました。

「やりづらさはあるが、配慮してやっていくしか」

引用:張本8強も苦闘…必要不可欠の声出しで主審から注意(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

「チョレイ」を注意され、乗り切れなくなった張本智和は準々決勝で敗退をすることになりました。

コロナ禍での大会で飛沫対策が行われていることは承知のはず。

なぜ?張本智和は「チョレイ」と叫んでしまったのでしょうか?

なぜ、張本智和は「チョレイ」と叫んでしまったのか?

張本智和のルーティンだからということでしょう。

張本智和自身、頭では分かっているけれども自然と出てしまうという状態にまでなっていることが原因と考えられます。

自分を鼓舞するために長年やってきたことなので、急にやめることは不可能なはず。

張本智和本人も悪気はなく、「チョレイ」と叫んでしまったように思えます。

いつものルーティンを抑えるようになった準々決勝では敗退していますので、それだけ大きなものであったと言えるでしょう。



「チョレイ」を注意され、敗退した張本智和に対しての反応

結構、厳しい意見が多かったですね。

張本智和に対して厳しい意見が多くありました。

「チョレイ」だけでなく、大声を出すプレースタイルに批判が集まっていました。

以前から、張本智和の大声に対する批判はあったのでしょうか?

以前から「うるさい」と指摘されていた張本智和の大声

張本智和の大声は以前から「うるさい」と指摘をされていました。

・自分を鼓舞するのはわかるが、相手を不快にするような声は駄目だろ。凄くうるさくて不愉快。神選手も声を出すけど、張本選手ほど不愉快ではないのは何故だろうか。

・卓球自体は嫌いじゃないけど張本の試合はうるさいから見ない。

引用:【全日本卓球】注意された「チョレイ」。闘争本能を抑えられない張本のガッツポーズを理解する(卓球王国)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

結構、「うるさい」と言われています。

いつものルーティンになっているので変えることは難しいと思われます。

大声を望むファンもいますし、難しいところだと思います。

今後も大声を出すスタイルで続けるのか?張本智和の動向に注目してみましょう。

張本智和が「チョレイ」を抑えられなかったのは、ルーティン!

張本智和が「チョレイ」を抑えられなかったのは、ルーティンが原因でした。

飛沫対策の中行われているので、自粛しなければということはわかっていたはずです。

しかし、ルーティンになっていることを抑えることは難しかったようですね。

本人もルールを守るしかないと言っているので、次の試合で抑えることができるのか?注目してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました