古田敦也が臨時コーチとしてヤクルト復帰!低迷するチームを立て直せるのか?

スポーツ
スポンサーリンク

古田敦也が来年2月の1軍春季キャンプにて、臨時コーチとして招聘されるようですね。

2007年に引退し、14年ぶりに古巣に復帰となりました!

臨時コーチとはいえ、古田敦也がヤクルトに復帰するということは大きなニュースです。

高津臣吾監督とタッグを組むことで大きな注目を集めること間違いなし!

野村ID注入で、低迷するヤクルトを救うことができるのか?楽しみですね。

古田敦也が臨時コーチとはいえ、ヤクルト復帰することで大きな影響が出てくると思われます。

今回は、古田敦也が臨時コーチでヤクルトは立て直せるのか?について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

低迷するヤクルト。2年連続最下位の危機的状況

引用:https://spaia.jp/column/baseball/npb/8192

2年連続最下位ということに加え、防御率が4.61と12球団ワースト・・・。

まずは、防御率を立て直していかないといけないというところでした。

2020年のオフシーズンには、FAで主力選手が出ていくのではないかと心配されていましたが、全員残留。

来シーズン以降、上位進出するためには、まずは守備からと言ったところになるでしょうね。

古田敦也に臨時コーチとはいえ、今のヤクルトの防御率を立て直すのに大きなきっかけになると思われます。

野村IDの申し子が古巣ヤクルトを立て直せるのか?注目ですね。

古田敦也は低迷するヤクルトを立て直せるのか?期待できるところは?

引用:https://news.mynavi.jp/article/20170717-atsuya-furuta/

防御率4.61で12球団ワーストと低迷するヤクルト。

臨時コーチとはいえ、古田敦也が始動することでバッテリーの意識を変えることはできるでしょう。

1週間から10日間ぐらいとはいえ、古田敦也の指導で頭の使い方が変わるのではないかと期待しています。

古田敦也が臨時コーチすることで期待できるところを見ていきたいと思います。

キャッチャーの意識が変わる

キャッチャーの選手の意識を変えることができるでしょう。

キャッチャーだけでなく、ピッチャーにも良い影響を与えてくれると思われます。

配給だけでなく、心構えなど見習わなければならないことが多い!

短い期間ですが、古田敦也から吸収できるものが多ければ、今後につながるでしょう。

ヤクルトは、正捕手が固定できなかった分、若手にもチャンスがあります。

古田敦也の「教え」を実践し、将来ヤクルトを背負う捕手が出てくれば最高ですね。

コーチ陣への大きな刺激

古田敦也が臨時コーチに来るということは、現在のコーチ陣に大きな刺激を与えることができると思われます。

現在のコーチ陣にとってはやりにくいかもしれませんが・・・。

調べていると、コーチ陣が批判の的になっているようですし、これをきっかけに現在のコーチ陣にスイッチを入れることができれば大成功と言えるでしょうね。

古田敦也の考え方は古いと言われるかもしれませんが、1つの意見として取り入れることができれば面白いことになりそうです。

チームが引き締まる

古田敦也と言えば、ヤクルトのレジェンド!知らない人はいないでしょう。

その人が、臨時コーチを務めることとなれば、チームは引き締まるでしょうね。

OBの若松勉も臨時コーチで参加されるので、キャンプはピリピリムードかもしれませんね。

もしかしたら、和やかなムードで行われるかもしれません。

ニュースなどで放送されるはずなのでキャンプの様子を見てみるのも楽しそうです。

古田敦也が、臨時コーチということで例年にないぐらい注目を集めることでしょう。

注目されるということで、選手たちが引き締まり、素晴らしいキャンプが過ごせるのではないでしょうか?

ネットの反応は?

古田敦也が、臨時コーチに就任ということで、ネットの反応も凄いことになっています。

1部紹介していきたいと思います。

・臨時という言葉は、いらない。そのままヘッド兼バッテリーコーチをお願いしたい。野村克也の歴史を辿るように、弱小チームを再建する古田敦也が見たい。

・頼むからそのままヘッドコーチをやってください。来季は、ヤクルト球団として勝負の年!ただ1軍の、コーチ陣の、顔ぶれだけがファンとしたら大不満な所!古田と高津コンビで強くならないなら諦めもつく!そのままヤクルト復帰お願いします。

・背番号76や83でなく、古田さんが臨時でなく、そのまま、ヘッドコーチ兼バッテリーコーチで良いと思う。臨時という形でも呼ばないと、というのは、現コーチの76、83が機能していない裏返しかと。コーチ陣の編成を早急にした方がいい。

引用:ヤクルト再建へ古田臨時コーチ 来春キャンプで14年ぶり古巣復帰

と言った感じでした。

古田敦也に臨時ではなく、そのままヘッドコーチになってほしいという声が多かったですね。

私も臨時コーチではなく、そのままなってくれないのかなと思います。

高津臣吾監督とタッグとなれば、チーム再建に1番良い方法ではないのか?と思うのですが。

臨時コーチで決まってしまっているので、短期間でどれほど変えることができるのかに注目しましょう。

まとめ

今回は、古田敦也が臨時コーチ就任で低迷するヤクルトを立て直せるのか?について書いてみました。

防御率12球団ワーストのチーム再建を託された古田敦也ですが、きっかけづくりにはなるでしょう。

いることで、キャッチャーやコーチの意識を変えることができると思われますし、どのくらい変われるのか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました